「 2016年09月 」一覧

ワキガ手術のおかげで悩みが解消できた喜び

ワキガ手術を考えている人の中には、もしかすると、その後の後遺症が不安に思っている人もいるかもしれません。特に、切開する必要がある剪除法は、傷跡が残るのではないかというのがネックとなっていることでしょう。
15年以上前ですが、私は剪除法によるワキガ手術を受けました。確かに、2cm程の切開した傷跡が残りますし、手術した後1~2年ぐらいは、皮膚がつっぱる感じや色素沈着といった皮膚トラブルもありました。しかし、これらの肌トラブルは時間と共になくなりましたし、傷痕も、かなり目立たなくなってきました。

CLEANEOについてはコチラ
http://xn--tqqq42ewwo6ih.com/entry36.html

さすがに手術前の時のような傷痕が全くない状態までは戻りませんが、ほとんど気にならないぐらいです。
それよりも、ワキガの悩みが消えた喜びのが大きいので、そんな小さな傷痕なんて気にもなりません。私の場合は、ワキガ手術を受けてよかったと思っています。。