ワキガ手術のおかげで悩みが解消できた喜び

ワキガ手術を考えている人の中には、もしかすると、その後の後遺症が不安に思っている人もいるかもしれません。特に、切開する必要がある剪除法は、傷跡が残るのではないかというのがネックとなっていることでしょう。
15年以上前ですが、私は剪除法によるワキガ手術を受けました。確かに、2cm程の切開した傷跡が残りますし、手術した後1~2年ぐらいは、皮膚がつっぱる感じや色素沈着といった皮膚トラブルもありました。しかし、これらの肌トラブルは時間と共になくなりましたし、傷痕も、かなり目立たなくなってきました。

CLEANEOについてはコチラ
http://xn--tqqq42ewwo6ih.com/entry36.html

さすがに手術前の時のような傷痕が全くない状態までは戻りませんが、ほとんど気にならないぐらいです。
それよりも、ワキガの悩みが消えた喜びのが大きいので、そんな小さな傷痕なんて気にもなりません。私の場合は、ワキガ手術を受けてよかったと思っています。。

臭ってしまう汗を改善できた方法

ここ数年、汗をかいた時の臭いが気になっていました。子供の頃の汗に比べると明らかに臭いが強くなっています。同じ汗なの臭いの強さに差が産まれる原因がわかりませんでした。子供の頃と社会人になってからの大きな違いを考えてみたところ、汗をかく機会が減ったことに気付きました。社会人になってからはほとんど運動した記憶がありません。
そういえば、スポーツ選手の汗はほぼ無臭でサラサラしていると聞いたことがあります。これは汗の臭いを改善するヒントだと思ったので、気が進まないながらもジョギングで汗をかくようになった結果、汗をかいた時の臭いは徐々に弱くなっています。また、汗以外でも少し感じていた体臭もほとんどなくなりました。

体臭の悩みは夏に増大するので要注意

体臭の悩みは夏に増大します。冬は特に自分では臭いがあるという感じがしませんが夏は自分でも臭うと実感しています。なんというかとんでもない臭いです。
まず朝、起きたらシャワーで臭いを除去しています。すぐにまた体臭が臭ってくるのですが仕方ありません。すごいです。
家に帰ったらまたシャワー。寝る前もシャワーです。臭いはなかなか洗い落とすことが不可能だとわかってきました。意外と難しいです。だんだん面倒になってきました。結局、三日坊主で終わりました。もうやってません。
特に夏は汗と体臭がミックスされて悪臭になりがちです。そのためとても悩んでいます。いいにおいだと別に問題ありませんがそうでないのでなんとかしたいです。